馬肉パラパラミンチを口コミ!生の馬肉に6匹の犬が大興奮です!

生の馬肉に喜ぶトイプードル

生の馬肉を犬が食べることで得られる効果は沢山あります。

とくにこんなワンコには食べさせたいと、馬肉パラパラミンチは人気が高くなっています。

とくに

  • 食欲が落ちてきた犬
  • 毛並のパサつきが気になる犬
  • 老化が気になってきた犬
  • ドライドッグフードを食べづらくなってきた犬

体力や食欲の低下が気になる、生き生きとしたワンコライフを送らせてあげたい

そんな飼い主さんに注目されています。

そこでトイプードルたちのクリスマスとお正月プレゼントとして、我が家でも生の馬肉パラパラミンチを注文してみました。



馬肉パラパラミンチが届いてトイプードル達が大騒ぎ

生の馬肉ミンチ

人間よりも嗅覚に優れた犬は、開封していないドッグフードにも敏感に反応するものです。

しかし、冷凍便で届いた馬肉のミンチの箱を開けた瞬間、足腰がよろよろとする老犬さえも転びながら必死に台所まで歩いてきます。

犬の嗅覚は冷凍されている馬肉にも敏感に反応!

僕が先!私が先とばかりに段ボール箱のぺろぺろと舐めだし、段ボールを開封するとさらに生肉の匂いが強くなったのか、少しでも先に食べようと大喧嘩です。

とくに一番若く食いしん坊の黒トイプーの空は、老犬たちの周りをぐるぐると走り回り、老犬がよろけた瞬間、馬肉の袋に顎をすりすりとさせ

「誰にもあげないぞ!!」とばかりに、唸り声をあげる始末です。

普段、ドライドッグフードに茹でたお肉や果物をトッピングしていますが生肉への反応は凄く、この日の夕飯は老犬さえもヨダレだらだら「お代わりください」といった感じ

ついついお代わりを上げたくなってしまうようなキラキラしためで見つめてきます(笑)

馬肉パラパラミンチの購入はこちらから

犬が馬肉を生で食べたときに期待できる効果

生の馬肉

我が家のワンコ達を夢中にさせた生の馬肉は、犬の食欲を呼び覚ますだけではなく、犬の健康にとても良い効果を期待できます。

低カロリーで高タンパクの馬肉は、鉄分やカルシウムなども、他の肉類よりも多く含まれているので、健康を維持する目的でも注目を浴びています。

でも、一番のポイントは、生でお肉を食べることにあるのです。

生き物が生きていくために必要な酵素は、犬も人も産まれたときから体に持っています。

ただ、この酵素、生きている間に自然に減少していき、自分の体内で作ることが出来ません。

犬に生の馬肉を与えるとしっかりと酵素を補うことができる

人間も動物も、生まれたときから「潜在酵素」を持っていますが、この潜在酵素は年齢と共に減少していきます。

そして、酵素は食べ物を消化吸収するためにも大変大切な役目を持っているため、酵素が減少すると食べ物を消化・吸収する力が弱まってしまいます。

するとしっかりと体に栄養がいきわたらなくなるため、痩せやすくなったり、体が弱ってしまう原因だと考えられているのです。

反対に潜在酵素が減少すると、代謝をする力が弱くなってしまうため、今でと同じ食生活をしているのに太りやすくなることもあります。

どんなにがんばっても潜在酵素は体内で作ることはできませんし、減少を止めることもできません。

そのため、食事から摂取することが重要になってくるのですが、酵素は過熱することでなくなってしまうため、生の状態で体に摂りこむ必要があるのです。

酵素の減少を緩やかにしてあげることで、犬の健康寿命を伸ばしてあげることが期待でくることがわかってきたことで、犬に生の馬肉を与えることが注目されています。

馬肉パラパラミンチを与えるときの注意点

パラパラ馬肉ミンチ

パラパラ馬肉ミンチは食べたい分だけ簡単に分けることができます。

生の馬肉を犬用に注文すると、ほとんどが冷凍された状態で送られてくるはずです。

塊肉のまま犬に与える家庭は少ないはずですから、食べさせる分だけを冷凍状態で切り分け解凍させてください。

解凍したものは1~2日以内で食べきりましょう

こちらの馬肉パラパラミンチなら切り分けなくても必要分だけ解凍できるので便利です。

生肉が初めての場合は最初から沢山与えない

今で生肉を食べたことがなかったワンちゃんに、張り切って生肉を食べさせてお腹をこわしてしまう場合もあります。

少量から始めて、体調を観察しがら量を増やしていきましょう。

また、生の馬肉を食べなれている犬にも、美味しそうに食べるからと沢山与えるのは注意してください。

過去に黒トイプーの空があまりにも美味しそうに生肉を食べるため、おばあちゃんが他の犬達に隠れてこっそりと沢山食べさせていたことがあります。

そして、生肉を食べすぎた結果、下痢が止まらず、血便になって大騒ぎしたことがあります。

「生馬肉」を始めてみるときには、犬の幸せそうな表情に負けて一度に沢山はあげないでくださいね。

馬肉パラパラミンチを犬に与える量はどのくらい?

愛犬の毎日の食事がドッグフードか手作り食かによっても量は変わります。

また、ドッグフードでもお肉の配合量の多いものと少ないものでも生肉のトッピングの量は加減しなければいけません。

ドッグフード7:生馬肉3がおよその基準値となりますが、犬の個体差やドッグフードの種類などでそれぞれ調整は必要になってきますが、犬の排便状態を観察して調整をしてください。

生肉を食べるとお腹が緩くなる犬の場合はどうする?

少量から始めて生馬肉でも、お腹の調子を悪くしてしまうワンちゃんもいます。

このような場合は、最初は過熱したもの与え、慣れてきたら少しずつお肉をレア状態にしてから生にしてみましょう。

ただ、長い事生肉を食べる習慣がなかった犬の場合、生では体が受け付けない事もあります。

酵素を摂取することはできませんが、馬肉の他の栄養素は摂ることが出来ますので加熱してあげて食べさせてください。

まとめ

生の馬肉は、犬の体に必要な酵素を効率よくとれる食材です。

保管する冷凍庫が必要だったり、小分けでの購入が難しいのがデメリットですが犬の体にはメリットが沢山あります。

毎日の食事にトッピングすることで、一般的なドッグフードでは決して摂ることができない酵素をしっかりと摂ることができ、犬の健康をサポートしてくれます。

安心できる生のドッグフードは、店頭で購入できるお店はほとんどありません。

専門店ならではの良質な馬肉をお試しください。

馬肉パラパラミンチの購入はこちらから

Copyright© トイプードルのゴハン! , 2020 All Rights Reserved.